高収入:デリバリースタッフの仕事

採用担当者に聞く、デリバリースタッフに採用したいスタッフ

デリバリースタッフ

まず、運転が出来る人(笑)。というのは当たり前で、運転免許証の確認、そして過去に事故の経験などがあるかは必ず聞いています。

お客さんと商品とお金のやり取りがありますから、あまりにも暗い雰囲気の方は少し考えてしまいます。そういう方の場合はインストア(店内作業)を勧めたりもします。

どんなお仕事?

デリバリースタッフ

デリバリースタッフのアルバイトも学生に人気のアルバイトのひとつになります。スタッフの数が多いお店では自分の都合に合わせてシフトを組んでもらうこともできるようです。デリバリースタッフのアルバイトは、ピザ屋さんやお蕎麦屋さん、ラーメン屋さんがイメージしやすいかと思いますが、最近ではファミリーレストランの中にもデリバリーをしているところがたくさんありますので、需要は増えています。基本的には、お店から、お客様のご自宅までお料理を運び、お客様から代金をいただいて、お会計をすることがデリバリースタッフのお仕事になります。お店によっては後で器の回収に行く場合もあります。

求人サイトには書かれていないデリバリースタッフのここが大変

  • 天候が悪い、つまり運転が危険な日こそ繁盛する業界ということを忘れずに
  • 実は、気をつけるのは運転だけではない

デリバリースタッフのアルバイトで大変なことは、やはり天候の悪いときの運転です。雨や雪、雷など、天気の悪い日ほど注文が多いのがデリバリー業界になります。天候の悪い中、いつもより多くの配達に行かなくては行けないことになります。いつも以上に安全運転で、お料理にトラブルがないように気をつけながら、素早くデリバリーをこなしていかなければなりません。ほかにも暑い日や寒い日など、外で動くお仕事になりますので、天候の良し悪しはデリバリースタッフにとっては大問題です。

また実は気をつけることは運転だけではありません。イタズラ電話による注文などは頻繁ではないにしろまだ存在します。そしてもっとも危険なことは、商品とお金をやり取りする時です。こちらは一人ですから、ある意味無防備に近い状態になります。遅配によるクレームなどはまだかわいいくらいで、そこでの金銭強奪という事件もまれに新聞沙汰になったりしていますので、身の危険を感じたらすぐに逃げられる心構えを常に持っておく必要があります。

デリバリーの会社によっては、お客様の家にバイクから降りて訪問するときは、必ずエンジンの鍵を切るよう徹底しているところがあります。ただ、仕事になれてくるとそれが面倒になり、エンジンをかけたまま訪問してしまい、トラブルに巻き込まれてしまうケースもあるので油断をしないようにしましょう。

バイク、車好きにおすすめ

デリバリースタッフのアルバイトは、自動車やバイクに乗って、お客様のところにお料理をデリバリーすることがお仕事の中心になりますから、バイクや自動車の免許は必須です。注文があればいつでもデリバリーとしてバイクや自動車に乗って、出かけることになりますから、バイクや自動車に乗るのが大好きだという方にとてもおすすめのアルバイトになると思います。お店の配達圏内は基本的に決まっていますから、何回も注文を下さる常連さんと顔見知りになれば、お料理をお渡しする際の会話もはずむと思います。

デリバリースタッフが高収入なわけ

デリバリースタッフのアルバイトは基本的に外に出かけることがお仕事の中心になります。ですので、天候によってお仕事が大変になることも十分考えられますし、夏休みや年の瀬など、時期によってはかなり忙しくなることも考えられます。デリバリースタッフのアルバイトもやはり体力勝負となる部分が多くなっていますし、いつでもバイクや自動車を運転している分、それなりのリスクも考えられますので、高収入なお仕事になっていると考えられます。

バイトル >>
時給1200円以上の求人を職種タイプ別に検索可能

マイナビバイト >>
高収入、短期、他のバイトサイトにはない求人も