高収入:キャンペーンスタッフの仕事

採用担当者に聞く、キャンペーンスタッフに採用したいアルバイトスタッフ

キャンペーン

履歴書の内容や、ありきたりな面接の質疑応答などはせず、雑談ばかりして相手の本音を探ります。キャンペーンスタッフの面接に来る方は基本的に明るい方や自分に自信を持っている方が多いので、そのような部分での優劣の差は実はつけにくいんですよね。一番重要なのは、私自身がその人と一緒に働きたいかどうか?これが基準です。直感みたいなものですね。

あとは短期スタッフとして応募しているわけですから、その期間くらいは全部出て欲しいというのが本音であります。毎日出れるという人と、休みが少し欲しいという人がいれば、迷わず前者の方を選びます。

どんなお仕事?

キャンペーン

よく道を歩いていると目の前にティッシュや試供品なんかを出されることがありますよね。キャンペーンスタッフのアルバイトは、商品やイベント、会社等のPRをするのがお仕事の中心になります。

キャンペーンスタッフのアルバイトの中には、お店のオープニング・イベントや新発売の時期に合わせて試供品やティッシュ等を配布するものもありますし、デパートやスーパーで新製品のドリンクやフードの試食品を配っているデモンストレーターといったものもあります。

キャンペーンスタッフとしてお仕事をする際には、スタッフ用のジャンパーやTシャツ、キャップといったものを身につけてお仕事をすることが多くなりますから、注目されることに慣れている方におすすめのアルバイトになります。

求人サイトには書かれていないキャンペーンスタッフのここが大変

  • 勧めたくない商品を勧める場合もある
  • 本音を言ったほうが信頼される
  • 親身に対応しても結局は・・・

キャンペーンといっても実に様々なキャンペーンがあり、一概には言えないのですが、あなたが本当に勧めたい商品ではない物をPRしなければならないこともあります。例えば、同製品のAとBがあるとします。今月はAばかり売れてBが売れないから、明日からBを推してPRしようというケースです。本当はスタッフもお客さんもAが一番優れていることがわかっていたとしても。です。これを仕事として割り切れるかどうかがポイントとなります。

また、最近はインターネットでいくらでも商品の情報を知ることができます。その商品の欠点や弱い点なども既に熟知しているお客さんが多いわけです。ですから、1日や2日で覚えた商品知識ではお客さんに太刀打ちできないこともあります。そういった場合は、素直に他の商品の方がいいと言ってしまうこともテクニックの1つとなります。適当にマイナスな部分を隠してごまかすのではなく、本音で接客を行っていった方が逆に売れる時代が来ているようです。

酷な話ですが、商品情報だけキャンペーンスタッフに聞くだけ聞いておきながら、結局購入するのはネットで調べた一番安いところだったという事例も多いです。親身に説明すればするほど、やるせなさを感じてしまうこともあるでしょう。

物怖じしない性格に!

キャンペーンスタッフのアルバイトを続けていると、毎日いろいろな場所で、いろいろなスタッフと一緒に多くの方に声をかけ続けることになります。その結果、物怖じしない、大人の対応をできるようになってくる方が多いです。

毎日の生活の中で、なかなか見ず知らずの方に声をかけるなんてことはありませんし、だめでもともとという状態で、笑顔で明るく声を出し続けることで、明るく積極的な人になることができると思います。

スタッフ仲間も人前に出て、元気な対応をすることができる方たちばかりですから、よい仲間にもめぐり合えるお仕事になると思います。

キャンペーンスタッフが高収入なわけ

キャンペーンスタッフのアルバイトが高収入なわけとして、一日中立ち仕事で、自分から積極的にお客様に声をかけなければお仕事にならない、といったことが挙げられます。

知らない方に声をかけるのもちょっと勇気がいりますし、扱っているキャンペーンや商品についても最低限の知識はその都度覚える必要があるお仕事だと思います。体力的にも精神的にもタフな方にとっては、いろいろなキャンペーンについて知る機会にもなりますし、明るく積極的な仲間とも出会うことができますので、非常におすすめのアルバイトになります。

バイトル >>
時給1200円以上の求人を職種タイプ別に検索可能

マイナビバイト >>
高収入、短期、他のバイトサイトにはない求人も