高収入:薬剤師の仕事

採用担当者に聞く、薬剤師としてに採用したいアルバイトスタッフ

薬剤師

ドラッグストアでの採用条件としては、薬剤師の資格がなくても、薬剤師の資格を取得する見込みのある方でも採用させていただいております。もちろん、商品管理やレジスタッフなどの一般的なお仕事をしていただくために、薬学部でない方も積極的に採用しています。

強いて申し上げるのならば、他のアルバイトなども経験されている方などを優先しております。薬剤師になるために多くの学習時間をさいているということは、今までに一度もアルバイトを経験したことがないという方もけっこういらっしゃいますから、ちょっとのトラブルで辞めてしまう方が後をたちません。ですから、社会勉強、社会経験豊富な方をどうしても優先してしまいます。

どんなお仕事?

薬剤師

薬剤師のアルバイトは、病院や薬局で医師の処方した薬を調合、処方したり、患者さんに薬について説明をしたりすることがお仕事の中心になります。そのため高収入となります。医師の処方箋に書かれている内容をそのまま患者さんにお渡しするだけではなく、患者さんが飲まれているほかのお薬との相性を考えたり、患者さんの相談にのったりすることも薬剤師のお仕事になります。病院でお仕事をする場合、医師と患者さんと一緒に今後の治療について、手術前後に使用する薬剤等について話し合ったりすることもあります。また、町の薬やさんやドラッグストア等でアルバイトをすることもできますので、薬剤師の需要もドラッグストア等の増加により、増えてきていると考えられます。

求人サイトには書かれていない薬剤師のここが大変

  • 専門分野だけやればいいわけではない
  • 勉強会や患者のカルテ作成などで残業も多い

いくら苦労して薬剤師の資格を取ったとしても、薬に関する専門的な仕事ばかりではなく、特にドラッグストアなどでは一般の方と同じように品だしや商品陳列、在庫管理などもこなします。

専門知識を有する販売員という位置づけになります。そして、専門知識をお客さんに説明する場合も、お客さんが理解できるまで噛み砕く必要があります。こんな知識知っていて当たり前だろという質問も多いのが現実です。当たり前と思っていることでも、専門外の人にとってはまったく無関心というケースはよくあることです。

休みも毎週2日休めればだいぶめぐまれている場所だと思ってよいでしょう。また、薬剤師の不足が問題視されている地方などでは、1つの場所で長期間働くことはできず、他のお店のヘルプに回されたりもします。ですから人間関係の再構築が必要になります。

また、人の命に関わる仕事なので、勉強会や知識共有のための講義なども受けます。もちろん、そういった時間は通常は、実際の仕事が終わってからになりますから、自然と帰りは遅くなります。アルバイトだからといってそれは同じですから、勉強意欲や向上心が無い人はやりがいを感じることが難しいかも知れません。

どういったところでお仕事をするか

薬剤師のアルバイトをする場合、高収入という理由だけでなく、自分がどういったところでどういう風に薬剤師としてお仕事をしていきたいのかということを考えることが大切です。病院の外来の患者さんのためにお薬を調合、調剤したいのか、入院患者さんのお薬の準備をしたり、治療に使う薬剤について一緒に考えていきたいのか、町の薬屋さんやドラッグストアで体調を崩されたり、ちょっとしたトラブルに合ったお薬を探されているお客様の役に立ちたいのか、また、薬品会社等で新薬の研究のお手伝いをしたいのか等、目的によってお仕事にかなり幅がありますので、自分の目標や働きたいところについてしっかりとお考えになることが大切になってくると思います。

薬剤師が高収入なわけ

薬剤師のアルバイトはほかのお仕事に比べて非常に高収入なお仕事になります。薬剤師としてお仕事をするためには、薬学について学ぶことができる大学の課程を修了して、国家試験に合格する必要があります。薬剤師はしっかりとした専門知識を有する方だけがすることのできるお仕事になりますので、非常に高収入になっていると考えられます。薬剤師のお仕事は、処方ミスのないように、いつも気をつけていなければならない、大変責任のあるお仕事になります。

バイトル >>
時給1200円以上の求人を職種タイプ別に検索可能

マイナビバイト >>
高収入、短期、他のバイトサイトにはない求人も